交通事故後の対応

交通事故後の対応

交通事故が起きたらすること

1、警察に連絡

2、病院もしくは当院を受診

3、保険会社に連絡

以上が必ずすることです。

 

交通事故に遭われましたら、まず警察に届て出てください。ご自身の任意保険会社にご連絡下さい。それは、相手の保険会社とご自身の保険会社さん同士が連絡をとり、過失割合を決めます。警察が決めていると思われる方も多くいますが、警察民事不介入のために過失割合は決めません。警察は、「交通事故証明書」や「事故調査書」を作成するだけです。

 交通事故によるケガの施術費用は、原則相手方の保険会社が支払うことになりが、その際には、「交通事故との因果関係、治療の必要性や相当性」が必要となりますので、交通事故後はなるべく早期に病院もしくは当院を受診してください。事故が発生してから日数が経過しすぎていると交通事故との因果関係がつかない場合がございますので注意してください。また、通院をしてある程度日数や期間が経過すると保険会社より問い合わせがあり「どうでしょうか?」と聞いてきます。その時、最初より状態はいいがまだおかしいときに「だいぶいいです」「良くなりました」などと言ってしまうと、保険会社さんは「よくなったんだ」などと誤解をしてしまい、症状があるのに治療の打ち切りなどが起こってしまいので、症状があるのであればしっかりと現状を伝えてください。今の現状をしっかりと伝えて治療の必要性を理解して頂くことがとても重要です。また、病院での診察時も同じです。誤解をまねく言い方をしてしまうと、保険会社さんが医師に問い合わせをした際に、「良くなった」などと伝えてしまうこともございます。そうすると、治療の必要性がないと判断されてしまいますので、症状があるのであればしっかりとお伝えください。

 交通事故での怪我で外見上でわかりにくい怪我の際は、患者様ご本人の訴えがとても重要となることがあります。

保険会社に連絡

交通事故後は保険会社さんにも連絡をしてください。

交通事故後は、ご自身が相手と話をすることはほとんどありません。それは、保険会社さんが、相手の保険会社さんと話をしたり、相手と話をしたりしているためです。

また、ご自身の保険会社さんの担当者と相手の保険会社さんの担当者同士で過失割合を決めます

警察が作成しました、事故調査書をもとに保険会社さんの担当者様同士が、判例タイムズという交通事故の本を元に過去の事故に似ている事故状況から今回の事故の過失割合を決めます。

当院にも過失割合を決める判例タイムズがあります。それは、様々なご相談があるため、事故状況などを判断するために使用しております。

 

 

保険会社に整形外科に行くように言われた

保険会社様は、整形外科に行くように指示することがあります。これは、当院に行ってはダメというわけでなく、後遺障害時に必要なレントゲン画像や医師の診断書作成や医学的所見を求めるためです。

整形外科に行った後に当院に来ることは全く問題ありません。

また、「医師の同意を得てください」「医師の許可が必要です」などという担当者もいますが、当院は、国家資格を持ち国で認めれれている院です

我々は、捻挫や打撲・挫傷は医師の同意や許可がなくても治療できるように国から認められていて、そこに医師の同意や許可を求めろと言っている担当者は当院に対する明らかな名誉棄損・営業妨害であると言わざるを得ません!!

しかし、当院に通院する交通事故患者様は、月に1度もしくは2週間に1度は医師の診察を受けて頂いております。それは、後遺症が残ってしまうケースもありますし、治療の必要性や相当性を証明するためには医師の診察がなくてはなりません。そのために当院と整形外科とを併用して頂いております。

整形外科の医師の中には、自分の院でリハビリや治療を行いたいために、整骨院の併用を認めてくれない整形外科もございます。その際は、当院との併用を認めてくれる整形外科様をご紹介致しますので、ご安心ください。

 

 近年多いのですが、「おおくぼ整骨院は行っては行けない」「おおくぼ整骨院は交通事故との取引がない」などと言っている担当者様もいますが、当院は、すべての保険会社様やタクシー会社・自賠責保険に請求を行っておりますので、ご安心してください。

 

医療の選択は患者様にあり、保険会社の担当者が決めることではありません!!

整形外科の医師に併用は認めないと言われてしまった。

整形外科と当院とはそれそれの出来ることや強みが全く違います!

 

整形外科は、レントゲンやMRI・CTなどの様々な検査ができますし、後遺障害の診断書の作成や、薬の処方などができます。当院は、それが出来ません。整形外科は、レントゲンに異常がなければ「痛み止め」「湿布薬」などの処方をする治療方法が多いですし、電気だけかける温めるという治療のみという所もございます。

しかし、当院は、違います!!

レントゲン検査で異常は認められなかった組織の程度や状態に合わせて、理学療法や手技療法・運動療法を行い、早期の症状改善を目指しておりますし、患者様どこがどの程度悪いのかなどいった損傷の程度を判断し、一人一人に合った治療方法を選択し、完全オーダーで治療しております。また、整形外科の医師は交通事故に関する知識に詳しくありません。先生方は、医学的に見て患者様の状態はどうなっているかなどを客観的に判断するため、診察や検査を行います。また、もめ事や争いごとにならないようにある一定期間で診察を終了してしまう医師もいます。

交通事故での通院先はしっかりと決めてください

交通事故での怪我は、専門知識と専門治療をしている院に行ってください。安易に「近いから」「保険会社にここに行くように言われたから」などという理由で通院先を決めていませんか?

それ物凄く危険です!!

 

交通事故で通院する際は、しっかりとした交通事故に対しての知識を持ったところに通院してください。でないと将来的に痛みや不調がでてしまうことになってしまいます!!(適切な治療を行っていても、事故の大きさや程度・既往症などにより後遺症を残してしまうこともございます)

近年、接骨院・整骨院は交通事故治療に関して広告をしたり宣伝しているところが非常に多くあります。(交通事故専門と謳っています)しかし、そのほとんどが、自院の利益の為だけになっており、患者様が不利になっていることが非常に多いです。ここはしっかりと気をつけてください。当院は、交通事故専門士という交通事故の専門資格を持っています。立川市・昭島市・武蔵村山市地域では当院しかもっていません。

    院長メッセージ

    受付・施術時間

     
    午前 -
    午後 --

    【月~金】
    午前8:00~午後12:00
    午後3:00~午後 8 :00
    【土】
    午前8:00~午後2:00

    【定休日】
    日・祝

    所在地

    〒190-0033
    東京都立川市
    一番町2-36-48-1F

    042-569-6124

    お問合せ・アクセス・地図

    お役立ちリンク

    PageTop